なぜ起業したのか?Vol.3〜自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ〜

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」

 

有名な言葉なので聞いたことある人も多いと思いますが、リクルート創業者の江副さんが作ったリクルートの旧社訓です。

もう20年近く前にこの社訓は無くなったのに今でも至る所でこの言葉を聞きます。

リクルート社内でこの言葉を書いたプレート持ってる人多い)

 

これが何を意味するかは色んな方が語っているので割愛しますが、自分が起業しよう!と思った時になんとなく頭の片隅にありました。

 

というわけでなぜ起業したのか?Vol.3について、就活当時も思い出しながら書きます。

 

僕は元々大阪生まれ大阪育ちで就職も大阪で!と考えていました。

就活当時(2008〜9年)、大阪にいるとやはりメーカー&インフラ、金融系の話がメイン。

※IT、ネットとかベンチャーとかあんまり視界に入っていませんでした。

 

やはり僕も大阪ガス関西電力、グリコ、パナソニック等々を受けていました。

(大阪本社だったから)

1社目のメーカーも大阪勤務やで!という言葉と人事の方がいい人だった、一番初めに内定もらったということであまり考えず入社しました。

東証一部上場で海外展開していたのも決め手。)

 

ところが配属は東京、、、

しかも自分が希望していた領域ではなく、何のための配属面談やってん!!!

と当時は憤っていました。

そこで某飲料メーカー担当の営業をしていたのですが、顧客が超大手だということもありチーム営業がメイン。

同期は1年目から1人で顧客を担当しており裁量高いしいいなーと思っていました。

 

とはいえ顧客は超大手。

出世している方はこの飲料メーカーを過去担当しているケースが多く、もしかすると期待されていたのかな?と今では思います。

 

ただ当時は、全体像が見えない、ほぼ全て上司の確認が必要、自由に提案出来ない等々、基本オラついてた僕は仕事が忙しいのもあいまって1年半で退職してしまいました。(24歳の時。2010年)

 

そこから1ヶ月間何にもする気がなく、アメリカ旅行したりプラプラしていました。

とはいえこのままではいけないのと「そろそろ転職活動しないとダメですよ!」というリクルートエージェントの担当の方からの電話もあり転職活動開始。

 

当時はもう早く裁量持って仕事させてくれ!!!しか考えてなかったので

・100人以下のベンチャー

・20代でマネジメントが出来るところ

という条件で求人案内頂いたりGreen見たりしていました。

 

ただ本当にたまたまリクルートエージェントの方にリクルートを紹介頂いたのが、初めてリクルートという会社をちゃんと見たきっかけでした。

 

・新規サービスの初期メンバー

・経営者といっぱい会える

・色々試行錯誤しながらサービス開発している

・1人で提案にいける

・優秀な人多い

と唯一大手を受けたのがリクルートでした。

今や無き、リクナビNEXTプロジェクト。

ダイレクトリクルーティングの走りみたいなサービスです。

リクルートではバキバキに怒られ、めちゃくちゃ仕事をし、生涯付き合うであろう仲間とも出会うことが出来本当によかったです。

 

ただ、僕は3年有期雇用のCV社員。

27歳の時にはリクルートを退職することが決まっていたので、必然的にその1年前ぐらいから自分のキャリアについて考えていました。

 

本当に色んな選択肢がありました。

・普通に転職

・お客さん先で人事をやる

ベンチャー行く

・起業する

等々。

 

その時出てきたのが

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」

です。

この言葉の僕なりの解釈は

・コンフォートゾーンを抜け出せ。快適空間で時間を過ごすな。

・迷ったら困難な道を選べ

かなーと思います。

 

基本スキル&知識は人材とセールスしかなかったのですが、一番成長出来る、一番ストレスかかるのは起業だなと思って起業を選択しました。

※27歳だったので、まー失敗したらどっかでセールスやろー出来るやろーという楽観的な自分の性格もありました。

 

起業してみたら世の中知らないことだらけ、、、

今も毎日数多くの学びがあり、修羅場があります。

ただ、それと同時に面白いこと、様々な出会いがあり、自分の選択はそんなに間違いではなかったのかな?と思います。

 

みんな起業しよー!ベンチャーいけ!という話ではなく、何かの選択肢に迷った時に、

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」

という意識を持ち、コンフォートゾーンを抜け出すように仕向けることで、何かしら自分にプラスになることが数多くあるということです。

 

僕は毎日、数多くの方々の転職相談、キャリア相談の場面に直面します。

その時、何とかかしたい・・・!と思っている方と、楽したいと思っている方とでははっきりと結果(転職成功やキャリアの方向性)に差が出るなと思います。

 

迷ったなら、困難な道へー。

きっと自分にプラスになる出来事に出会えます。

 

たけし